情報社会で生き残るべく
IT社会で生き残るために、電子書籍情報などを見ておいたり、プログラミングを勉強するのは大事でしょうね。

一言でIT業界の職業と言っても、エンジニアやITコンサルタント、プログラマーやウェブデザイナーなど、様々な種類の職業があります。職業によって、働く場所が違ってきます。

まず大きく分けると開発、支援、営業に分けることが出来ます。
開発にはプログラマ、システムエンジニア、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタント、ウェブデザイナーなどが挙げられます。
主にシステム開発と言って、ソフトウェアを開発するものです。開発するときにもそれぞれ役割があり、システムエンジニアが開発の流れやスケジュールを組み管理して、プログラマーがその流れに沿って開発し。プロジェクトマネージャーがその開発の責任者となり顧客との交渉なども含めて行います。
ITコンサルタントはIT技術を取り入れたいと考える企業にアドバイスをしたり、どういった場所にどのようなIT技術を導入するかを具体的に考える人です。ウェブデザイナーはホームページ制作をします。

そして、支援には運用管理SE、スペシャリスト、サポートデスクなどがあります。
システムを導入した顧客のサポートにあたるためカスタマーサービスを行ったり、24時間体制でシステムを管理したりします。

そして営業には、営業、セールスSE、マーケティング部門などがあります。
企業に営業に行ったり、その企業のニーズを聞いてそのニーズに合うIT技術を提供します。企業とシステム開発部との橋渡し役です。細かく見ていけばもっと職業の種類があるので、自分に合うものも見つかると思います。
さらに、企業に勤めるという選択肢の他に、フリーで働くという働き方もあるようです。
http://freeengineer.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です