情報社会で生き残るべく
IT社会で生き残るために、電子書籍情報などを見ておいたり、プログラミングを勉強するのは大事でしょうね。

最近、IT技術をビジネス経営に活かそうとする企業のトップが増えて来ました。
と言っても、欧米諸国に比べるとまだまだ日本のIT化は遅れています。ビジネスにITを活かすというのは、企業にパソコンや周辺機器を揃えるだけでなく、様々なITシステムを導入して経営を合理化していくということです。
そのためには、IT技術を熟知している人材が必要になります。会社は今どのような状況か、どのようなシステムを導入すればいいのかを見極める職業として、ITコンサルタントという職業があります。

この職業は企業の経営や業務をITシステムの導入により合理化し、今より経営をよくしていくことが仕事です。顧客のニーズに応えることも必要ですが、それは必ずしも優先条件ではありません。というのも、顧客がIT技術に詳しいのであれば、指示通りにしてもいいかもしれませんが、そうでない場合がほとんどだからです。
そのため、コンサルタントは顧客が運営する会社の経営状況や現行システムを的確に把握し、そこからなにが必要かを判断しなければなりません。場所・種類によって様々なニーズがあるので、必ずしも最新の技術がいいとは限りません。現行システムでも、使い方を変えれば大丈夫な例もあります。

この仕事は多くのエンジニアにとって憧れの仕事ではありますが、なるのは難しい職業です。的確な判断力や広く深いIT知識、加えて経営のことも学ばなくてはなりません。現在でも探せばかなりのコンサルタント事務所がありますが、これからはさらに需要が増えることが予想されています。
なるのが難しい職業ですが、得られるものはきっと多いでしょう。目指している人はぜひ頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です