情報社会で生き残るべく
IT社会で生き残るために、電子書籍情報などを見ておいたり、プログラミングを勉強するのは大事でしょうね。

仕事というのは辛いこともありますが、その分やりがいや楽しいこともあります。
IT業界の仕事はきつい、帰れないなど、業界外の人は少しネガティブな印象を持っているかもしれません。しかし、ネガティブなだけではその仕事をする人はいなくなります。それでも目指す人がいる、活躍する人がいるということはやりがいや楽しいこともあるということです。

基本的に、エンジニアの人達は自分の能力・スキルを向上させたいと考える人が多いです。
IT技術というのはとにかく発展スピードが速く、自分で情報を得てスキルアップに励まないとすぐに置いていかれることもあります。ですので、エンジニアにとって、自分のスキルアップを目指せる環境というのは理想的です。スキルアップを目指せる環境があれば、エンジニアは仕事にやりがいを感じるし、楽しさも感じます。

アメリカのグーグル社では、より優秀なエンジニアたちを集めるために、社内でコミュニティを作らせ、コミュニティ同士で競争原理を働かせるという手法をとっているそうです。
よりよいアイディアを持つ人と共に仕事をし、人が集まらないアイディアは淘汰され、そのアイディアを考えついた人も行き場所をなくす、という一見厳しい制度のような気もしますが、そうして切磋琢磨し合うことで企業も成長するし、エンジニアたちもどんどんスキルアップが出来るというわけです。
コミュニケーションを取るだけではなく、スキルアップのためにやることなので、とても有意義なものです。日本でもこのような取り組みが出来れば、人材もさらに育っていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です